書類選考は職務経歴書で決まるといても過言ではない

職務経歴書はズバリ、人事採用担当者にあなたがその会社で働くことを想像させるものです。
転職を希望する人の職務経歴書を観ていると
「こんなことをやった」
「こんな業績を挙げた」
と誇らしげに記載する方が少なくありません。
しかし、それを人事採用担当者が鵜呑みにしてはいないことを知っておいてください。
なぜなら人事採用担当医者は「やった」ことと「できる」ことは別なことは百も承知だからです。

つまり職務経歴書で重要なのは「そのやってきたことがいかに自分のノウハウや強みになっていること」をどう伝えるかに力を入れてください。
具体的には「◎◎という経験を通じて、◇◇を身につけました。」という表現が有効です。
そうすれば人事採用担当者は、それらのノウハウや経験が自社でとどう生かせるか?を考えてくれるのです。
もちろん、これは採用を前提ですよね。
入社後のイメージをどう想像させるのか?
そんなイメージで職経歴書は書きましょう。

そこで、相手に伝えたい自分のアピールポイントをいかに伝えるのか?
その仕掛けも紹介しておきます。
それは別枠で
・貴社で活かせる経験やスキル
・自己PR
を追加で書くことです。
多くの方が、今までの経歴を羅列しているだけです。
しかし、これには少々時間を要することがあります。
応募する企業に応じて、このあ足りはしっかりと頭をh時練って考えださなければいけないからです。
ですので、職務経歴書のひな形は事前に準備しておくことをおすすめします。
応募したい企業が見つかったら、それから慌てて職務経歴書を書き始める方がほとんどですが、それでは少し遅すぎるのです。
あらかじめ、重ん美して老いた職務経歴書。
それの加えて、貴社で活かせるあなたの経験やノウハウをアピールする文章を別枠で付け加えてみてください。
そうすれば。「おっ?この人 どんあひとだろう?」と人事採用担当者も興味を持つはずです。
そうすればおのずから「面接」にまで進むはずです。
障害者雇用 手取り15万

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です